Double-fold eyelibs

二重まぶたになりたい・・・。いざ美容整形に挑戦!

二重には種類がある

考える女性

「美容整形で理想の二重まぶたを」と考えている女性も多いのではないでしょうか。
美容整形を受ければ、誰でも簡単に二重まぶたになることができますが、施術を受ける前に「二重」について詳しく知っておくことが望ましいといえます。そこでここでは、そもそも二重まぶたはどのような構造をしているのか、二重まぶたの種類などについてご紹介します。

眼球を外部の刺激から保護する働きを持つ「まぶた」。これが閉じたり開いたりするのは、眼球の潤いを保つためです。これは、瞼板(けんばん)と呼ばれる硬い板が、まぶたの上に伸びている筋肉とくっつき、収縮することによって行われています。このとき、筋肉が瞼板と一箇所でくっついている場合は「一重まぶた」となります。もし、瞼板だけでなく皮膚とも接合しているのであれば、「二重まぶた」となります。

このような構造をしている二重まぶたにはさまざまな種類があります。
まず挙げられるのが「末広型」です。これは日本人にもっとも似合う二重まぶたとされています。誰からも愛されるこの二重まぶたは、ナチュラルメイクを好む人に向いています。
次に挙げられるのは「奥二重」。一重まぶたよりも目を丸く、かつ大きく見せることができます。美容整形を受けることで、顔全体の印象が変わってしまうのは避けたいという人におすすめです。

二重まぶたの種類は、二重の幅の広さによって異なることもあります。
「二重の幅が広い平行型」は、ハーフのような目元になれることため、若い女性から人気を高めています。二重の幅が広くなっているため、きれいにアイラインを引いたり、つけまつ毛をつけたりすることができます。
「二重の幅が狭い平行型」は、大人っぽさを表現できる目元です。メイクをしなくても目元を十分大きく見せることができます。場合によっては目頭切開の必要があることもあります。

二重まぶたの構造、種類を事前に把握しておけば、美容整形をより効果的に受けることができます。「絶対に満足できる仕上がりにしたい」という人は、これらを把握したうえで美容外科へ足を運ぶとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加