Double-fold eyelibs

二重まぶたになりたい・・・。いざ美容整形に挑戦!

くっきりとした二重に

綺麗な目元

二重まぶたになれる美容整形のひとつは「埋没法」、そしてもうひとつは「切開法」です。
切開法は、埋没法と比べると費用が高く、施術時間も長くなっていますが、施術で得た二重まぶたを半永久的に維持することができます。そのため、「美容整形で確実に二重にしたい」という人は、切開法がおすすめです。埋没法同様、多くの美容外科で扱っている美容整形であるため、どなたでも気軽に受けることができます。

埋没法では特殊な糸を使用しましたが、切開法ではメスを使用します。二重まぶたにするため、まぶたのひだを約1~2センチ切開します。最終的にこれを縫い合わせることで、きれいな二重まぶたを作ります。施術にかかる時間はおよそ20分。まぶたそのものを二重に形成しているため、施術後に元に戻ってしまうことは一切ありません。
そんな切開法は大きく2つの種類に分けることができます。それは「全切開」と「ミニ切開」です。切開する範囲によってダウンタイムの長さが変わります。そのため、ダウンタイムを短くしたいという場合は、ミニ切開を選択することをおすすめします。

切開法を受けたあとは、多少目元が腫れてしまうことがあります。しかしこれは約1週間で治まるため、日常生活にさほど支障を来たすこともありません。また、切開法は安全性にも優れています。そのため、安心して施術に望むことが可能です。埋没法に比べ、料金が高くなりますが、確実な効果と安全性を有している切開法であれば、必ず満足できる仕上がりを得ることができます。

このような特徴を持つ切開法は、以下のような人に向いています。
・腫れが長引いてしまうと困る
・まぶたが腫れぼったいので、どうにかしたい
・幅の広い、ハーフのような二重まぶたにしたい
・美容整形を受けて、今後二重まぶたで人生を歩んでいきたい
「二重まぶたになりたい」という願いを持っている人で、これらに心当たりのある人は、埋没法を検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加